スポンサーリンク

CHATGPTにホラー系のショートショートのネタ考えさせたらヤバかった

怪談・クリーピーパスタ

1: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 04:56:53.03 ID:NF+nGyRy0

タイトル: 「ゆがんだ時計」

設定: 古びたアンティークショップ

登場人物:

若い女性(主人公)
ショップの老店主

若い女性が古びたアンティークショップに立ち寄る。彼女の目を引いたのは、古びた大きな置時計。時計は動いていないが、彼女はそのデザインや彫刻に魅かれて購入を決意する。

家に持ち帰った女性は、その時計をリビングに置く。夜、不思議な音がして目を覚ますと、彼女はその時計の中から聞こえてくる微かな声を耳をすまして聞こえる。

声は彼女に「時計の中から出して」と言ってくる。彼女は戸惑いながらも時計の背面を開けてみると、中には小さな扉が。扉を開けると、中からは別の時間の風景が広がっていた。遠くの過去、彼女の祖母が若かった頃の風景だった。

驚く彼女だったが、その中に入ってしまうと、自分もその時間の中で動くことができ、祖母との想い出を再び体験することができた。しかし、長くその時間の中にいると現実に戻ることができなくなるというリスクも…。

彼女は祖母との再会を楽しみながらも、現実への帰還を選ぶ。彼女が時計の中から戻ろうとすると、祖母が「まだ行かないで」という。

しかし彼女が祖母の手を振りほどいて強引に戻ろうとすると、祖母の形相が悪魔のような恐ろしい姿に変化し、彼女に襲いかかる!

命かながら時計の中から逃げ出した彼女はその時計をアンティークショップに返却することを決意する。

ショップの老店主は「この時計をこの店に売りに来たのは誰だと思うかい?それはあなたの・・・」と言う。

その正体を知った途端、彼女は発狂してしまい、一生正気に戻ることはなかった・・・。

 


11: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:10:02.78 ID:A/aXGaK+0
なんか浅いわ

 


2: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 04:57:48.53 ID:NLTsevKO0
よくある話やな

 


3: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 04:58:46.93 ID:X/VT05Mf0
つまんな

 


4: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 04:59:45.24 ID:s2RjMaJs0
一体誰やったんや

 


5: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:01:43.92 ID:NUS/peSX0
誰やったんや

 


6: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:03:09.49 ID:Ec7bwtqo0
祖母が「まだイかないで」

 


7: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:04:22.62 ID:EXgfNMoF0
>>6
超熟のソープ嬢やんけ

 


13: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:12:09.36 ID:oqdParImd
>>6
「時計の中から出して…」

 


8: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:06:36.79 ID:vCL8HEm/0
解説頼む

 


9: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:07:32.13 ID:n35GraiF0
どゆことや

 


10: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:09:07.51 ID:Bvst3Ysed
発狂のくだりは蛇足やったな

 


12: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:10:16.85 ID:NUS/peSX0
時計を買ったら中に過去があって祖母と遊んだ
帰ろうとしたら祖母がむっちゃ切れた
時計を買った店に返すときになんか嫌な事言われて主人公発狂

 


14: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:16:58.27 ID:luDdeLFQ0
リスクとかどうやって把握したんじゃい

 


15: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:19:47.52 ID:NUS/peSX0

命かながら

からがらじゃないんか?とかそういうの気になる

 


17: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:23:36.67 ID:Lpw9hLQ60
言うほど祖母と遊びたいか?

 


16: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:22:00.44 ID:lCtjEaT10

ワイも作らせた

ある日、強い台風が襲来した。風が強く吹き荒れ、雨が大粒に降り注いでいた。夜の闇に包まれた街は、静かな中に不気味な響きを響かせていた。

主人公は家にこもり、窓の外を眺めていた。彼は、風の音と雨の音に耳を傾けながら、何かを感じ取ろうとしていた。

すると、突然、電気が消えた。主人公は慌てて懐中電灯を手に取り、周囲を照らしながら動揺した。

「これはまずい。備えておかなかった」と主人公は自分を責めた。

そんな中、窓の外から不気味な音が聞こえた。主人公は、懐中電灯を手に、慎重に窓の外を覗き込んだ。

すると、そこには夜の闇に包まれた異様な光景が広がっていた。風雨に揺られる木々の中、何かがうごめいていた。主人公は、その光景に戦慄を覚えた。

「こんな夜に何が起こるんだ?」と主人公は不安そうにつぶやいた。

すると、突然、何かが主人公の家に向かって飛んできた。主人公は慌てて身をかわし、その飛来物を確認すると、それは何と、屋根に張り付いた看板だった。

「なんだ、これか」と主人公は安堵しながら、その看板を取り外した。

その後、主人公は懐中電灯を手に、台風の夜を過ごした。風の音と雨の音が収まるまで、彼は家にこもり続けた。

 


18: 名無しのホラー好き 2023/08/15(火) 05:24:54.62 ID:Lpw9hLQ60
>>16
「これはまずい。備えておかなかった」と主人公は自分を責めた。
から滲み出る中華臭

 

引用元: ・https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1692043013/

コメント